« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月25日 (木)

ミュージカル

 たまたまテレビをつけてWOWOWをみたら丁度『錨を上げて』というミュージカル映画が始まった、もともとミュージカルってどうして突然歌ったり踊ったりするのか少し違和感があったのだけど、見てるとチャンネル変えられないくらい引き込まれてしまった。おもしろいものなんですね。そして、今日録画してて楽しみにしていた「オペラ座の怪人」をみた。もうなんと言っていいのか。すばらしい。ブラボー(;O;) 機会があれば生で見てみたいですね。

| | コメント (0)

ジョギング

250506_0802 久しぶりに公園に行ってみたら、なんと橋が出来ていた。早いね。


080506_0803_1   蓮の池もきれいでしょう。

| | コメント (0)

2006年5月24日 (水)

風邪でした_| ̄|○

 今回の風邪は咳や鼻水なんかの症状もなしに高熱がでるようです。先ず順來が罹ってしまいました。夜も布団に隠れてゲームボーイ、朝も顔も洗わずゲームボーイの順來がなにもしないで寝てばかりで、夜になると熱がでる。それでも何とか学校は休まずに行ってくれたのですが、治りがけに今度は令奈ちゃんが(;_;)グスッ!丁度先週の木曜日真珠台風〔台湾では個々の台風に名前がついている。〕が来て、学校が休校になったとき、順來と同じ症状の上に食欲もなし、りんごのすりおろしをずっと食べ、熱が上がって下がっての繰り返しでひたすら寝ている。日曜日なり月曜日は学校行けるかなと思っていたら、その夜辰熙が熱出した。(゚ロ゚)どーしよー! でも今日は学校に行ってくれた。大丈夫かな?実はまだ帰ってきてません。塾で三日分の宿題をしなければいけないからです。可哀想Σ(´д`ノ)ノ

| | コメント (0)

2006年5月21日 (日)

起工式

Dsc00327 大同路と健康路が交わったところに、オープンカフェをオープンさせるそうです。案外広さがあるので、ステージを設置し音楽などを聴きながらゆっくりくつろげる空間にし、お料理は「お鍋」台東から取り寄せる新鮮な山菜、きのこ類はすきなだけ自分で取りにいけるように、お肉は牛、         豚、Dsc00328ラムの高級な所だけを、ダシも低カロリーにするため何かの根っこを使って取るそうです。〔それはわかめみたいに粘り気があるそうな (゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン〕どんな物か分からないので後で詳しく聞いてみます。最近パソコンでよく見る「ロハス」的な感じなのかなと思います。いつか、この舞台で日本舞踊を踊ってみようかと思っています。あはは   お楽しみに(^_-)-☆ キラン

| | コメント (0)

2006年5月19日 (金)

いけばな

190506_1559_2 花材:蔥花  玫瑰  山蘇

型:よそおい

覚書 主枝は立てた花瓶の1.5倍 蔥花 の大きさが小さい方を主枝、大きい方を客枝 

薔薇のバランス、奥に行くほど高くしがちだが、奥行きを出すには低いのを持ってきたほうがよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

東京タワー

 先週の今頃の私の目は充血し腫れていました。なぜかというと「東京タワー」と言う本を読んだからです。私の心にストレートに響きました。後半はティッシュがゴミ箱いっぱいになり、それでも涙が止まりませんでした。私も母子家庭なので、よく小さいころから「お母さんを大切にせんばよ」なんてよく言われてきましたけど、改めて”母親の無償の愛”というものを考えさせられました。

 この本をわざわざ台湾まで送ってくださったのは、子供たちの間で通称「りかおばちゃん」と呼ばれている私が最も信頼している方です。同じ国際結婚された大先輩で、結婚当初からずっと小さな悩みから、それこそ妊娠中に母が倒れたとき、その後の看病、台湾に居るときでも誰に相談する相手も理解してくれる相手もいないとき、心の支えになってくださいました。それもぜんぜん押し付けがましくなく、私の心の負担にならないようにさり気なく手を差し伸べてくれるのでついつい甘えてしまって、私もおばちゃんみたいになりたいなぁとずっと思っていました。逢うと面と向かっていえないので、ここでちょっと「ありがとう」言わせてください。おばちゃん、かっこいい。


Book3d それで、送ってくださった本はこれです。

| | コメント (1)

2006年5月14日 (日)

ピピが去った訳

 多分、十日くらい前になるんだろうと思うが、旦那の実家で犬の赤ちゃんが生まれた。その犬は義父が山の方に遊びに行った時、たまたまあげたウインナーが気に入ったのかずっと付いて来たので、仕方なく飼い出した犬だ、この犬は「ニョウニョウ」と名付けられた。

もともと、実家には私が台湾に嫁いできたとき既にいた犬が「ピピ」だ。もう私も台湾にきて14年になるので、ピピも70歳くらいではないだろうか。私も最初は、実家で4年くらいお世話になったので、ピピとは仲良しだ。義母が言うには、私が日本に帰ると、ピピはある日ふと思いついて、私のことを家中探していたそうだ。最近では耳がとおくなり、硬い物も食べれなくなった。

 そして、おととい義姉から電話があり、母の日の話題が出た、今年もみんな〔義父からすると娘婿や孫それぞれ合わせて27人〕が帰ってきて、母の日のケーキでも食べようと思っていたが、子犬が生まれたので、帰ってきてはだめだと言われたそうだ。ケーキも既に予約していた義妹も怒っているらしい。

 子犬と母の日のケーキなんの関係があるの?(?_?)  でしょう?

 それは、たっくんともう一人たっくんの従兄弟二人に関係があるのです。

 台湾では、結婚や出産などお祝い事に、寅年の人が其の家にいくと好くないと昔から言われているので、今回もせめて子犬の目が明くまで待ってくれと言う義父の言い分に、みんなは「そういう迷信じみたもの信じなければそれまでなのに。。。」と心では思っていることでしょう。そして、誕生日だなんだと何かあるごとによく集まる家族の団結力の強さも子犬11匹に揺るがされてしまったのです。

 義姉の電話でもう一つ大事なことをはじめて聞かされたのですが、それが本題の「ピピが去った訳」なのです。その子犬が産まれる二、三日前に居なくなったそうです。(;_;)グスッ!義姉が言うには、新しい犬が来ると古い犬は居れなくなると。。。あのご老体で家を出るという事は、命にかかわること。

 それで、今日一日何もすることがなくなり、従兄弟とも会えなくなってご機嫌をそこねた順來が「だれを責めればいいんだーー」と言っていたので、私は「そんなこと言っちゃいけない、誰も責める事は出来ないよ。誰も悪くない。」「ピピを見てみなさい、誰に言われたのでもないのに、子犬が産まれた為に、家を出て行く運命になってしまって、それでも誰も責めたりしないよ。すごくかっこいいね。」

 最近、ホリエモンかなんか知らないけど、金さえあればなんでも出来ると思っているやつ、家のピピより劣っていると思う。引き際の潔さもわきまえてほしい。

 

| | コメント (0)

一週間後に明かされるおち

 この前の、いけばな研究会が終わった晩、順來が言いました。

「おばさんのくせに、よおがんばるたい。」_| ̄|○

うん、ありがとう。まあいっか!!!(○゜ε^○)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

いけばな

 050506_1629_1      5月5日

花材:慧星菊、胡蝶蘭、提琴葉

花型:瓶花、盛花 直立  


120506_1610 5月12日

花材:蕾斯花,康乃馨,丸葉尤加力

花型:花意匠 まわるかたち

| | コメント (0)

2006年5月11日 (木)

誕生日おめでとう

令奈ちゃんも13歳になりました。後2,3センチで身長も一緒になってしまいます。足の大きさなんかとっくの昔に越されました。ちなみに6年生で24.5です。ショックなのは、足の長さは令奈ちゃんの方が長いという事実です。

Dsc00002_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

小原流いけばな研究会

 母が通風になってから、お花もお休みしてましたが、一年に一度始めての研究会に行かない手はないと思い、行ってきました。先生は風邪気味にもかかわらず、芸術は爆発だーーみたいにアイディアがポンポン出て来て、次々と手直しする様はやはりすばらしいのひとことでした。

Dsc00021_1 今回のテーマは「自由創作」型にはまらず、思ったままに・・・・。

そう言われてもあまり好き勝手に活けると、めちゃめちゃになる恐れがあるので、妥当なところでとどまりました。この作品は私のです。

Dsc00019_1 この枝は、ためることができる。動きがでて表情が出て来る。振り返って見たときには、先生が初めから活けておられました。

Dsc00024 男性の作品。

Dsc00020 お隣に座っていた、日本の企業にお勤めのOLさん、私と同じ花材で水盤が違います。最初に彼女の活けた作品は影も形もなく、先生に手直しされました。

Dsc00023_1 男性、教師 彼は中学のころから先生の下でお稽古しているそうで、先生がおっしゃるには、「あなたには、もう教えることもないからこなくても良いよ。」と伝えたそうですが、まじめにそれからも変わらずお稽古にこられているそうです。

Dsc00027 先生です、体調が悪く力が入らないようでした。水盤が正方形なので、「この花材をどう活けたらよいでしょう?」先生が質問されました。ひらくなのか、なんなのか?何にも思いつきませんでした。下は、先生の出来上がり作品です。後で先生にこっそり聞いてみました。「先生、対角線に活けられたんですね!」  先生「まぁ、そんなもんかな。」

Dsc00028

そして、これが先生の作品。あまり良くないと何度もおっしゃってました。早く風邪治ればよいですね。

| | コメント (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »